ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
 
ハブラシ技術研究所

ふだん、私たちが何気なく使っているハブラシにも、最先端技術がいかされています。「ハブラシ技術研究所」では、オーラルケアを担って進化しつづけるハブラシにスポットを当て、その研究に注がれる、研究者たちの情熱とこだわりをレポートしていきます。
第2回歯間クリーナーの開発と先端技術
page1 page2 page3

昔の電動ハブラシ
   
昔の電動ハブラシ
パッケージが懐かしい!

ドラッグストアやスーパーではさまざまなタイプのハブラシに並んで、最近では電動ハブラシもごく普通にディスプレイされています。テレビCMなどの効果によって、電動ハブラシは一般にも急速に浸透してきました。
そこで今回は、おなじみのサンスター本社研究所の櫻井さんに、電動ハブラシについてお話をうかがいました。

電動ハブラシが生まれたワケ
 

そもそも電動ハブラシは、障害などがあってハブラシがうまく使えない人や、手先が不器用だったりして歯をうまくみがけない人たちのために開発された商品だったようです。

日本では1965年頃に某電機メーカーから発売されたのが最初。当時のお金で3000円台、給料の何分の一かという高価な商品だったといわれています。


昔の電動ハブラシ
回転速度にもこだわりがある


サンスターのG・U・Mのブランドではじめて電動ハブラシを発売したのは91年のことですが、当時は電機メーカーのM社が市場の80〜90%のシェアを占めていました。

M社はブラシの動きが速いもの(振幅3mmで1分間3,000ストローク)を目指していたわけですが、ウチのほうでは同じ電機メーカーのT社と共同で開発するに当たり「速ければほんとうにいいのか?」という単純な疑問()が生じました。いろいろと実験した結果、M社より遅いスピード(振幅3mmで1分間2,000ストローク)が望ましいという答えが出たんです。
それは発売するやユーザーにも理解していただけたようで、30%近くのシェアを獲得することができました。

ただこのストローク数という課題の答えは1つではありませんでした。 この春、サンスターのG・U・Mでも音波式といって、振幅0.5mmで1分間10,000ストロークを超える超高速の電動ハブラシを発売しました。

やじるし次のページへ]
電動ハブラシとの出会い page1 page2 page3

more laboratory
第3回
歯間クリーナーの開発と先端技術

第4回
電動ハブラシとの出会い

第5回
電動ハブラシを使いこなす
back number

写真

サンスター 本社
櫻井さん

2色成形技術、フィラメント開発など、数々の研究開発に携わる一方、世界各地を旅してハブラシを収集。サンスター社内でも、ハブラシのことなら櫻井さんに聞け、と言われるほど、ハブラシの知識・技術に精通。Mr.ハブラシの異名をとる。現在の研究テーマは「新規フィラメント開発等」

このコンテンツに関するお問合せはこちら










:ストロークが速いと、ブラシの先端が跳ねてしまい、的確に歯に押し当てつづけるのが困難になるのではないか?という疑問。
homeへ戻る
  Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ