ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
   
目指せ8020!オーラルケア講座
 
第1回
歯の健康は月に1度のハブラシ交換から
page1 page2

 
 
ハブラシの開き具合によるプラーク除去率
イラスト
 
ハブラシ交換時期の確認方法

ハブラシ交換のサインを見逃さないで!
ハブラシの交換時期って知っていますか?自分では「まだまだ使える!」なんて思っていても、ハブラシはちゃんと取替えサインを出しているのですよ。さぁ、あなたのハブラシを後ろから見てみましょう。毛先がヘッドの台座よりはみ出して見えるなら、それが取替えのサインです。 交換の目安は1日3回のブラッシングで約1ヶ月。月に一度はハブラシ交換!ハブラシの取替えサインを見逃さないで。

開いたハブラシを使うと… 毛先の広がったハブラシではせっかく丹念にブラッシングしても、みがいているようでみがけていないばかりか、ハグキが退縮してしまい、露出した歯の根元からムシ歯になることも。また、1ヶ月も経たないうちに毛先が開いてしまうようなら、ブラッシングに力を入れすぎです。ゴシゴシするのではなく、一本一本の歯とハグキにハブラシをあてて、ほどよい力加減で細かくていねいに。 一生使う大切な歯。でもそれを支えるハグキはもっと大切です。大事な歯は、新しいハブラシと正しいブラッシングで守りましょう!

 
まめ知識
子どもの手の大きさに合わせたハブラシ選びを
「うまく握れない」「持つ位置が定まらない」などの点に注目し、サンスターでは子どもの成長に合わせたDoクリアこどもハブラシを作りました。握りやすいハブラシは歯をみがきやすくし、子どものムシ歯予防につながりますよ。

やじるし次のページへ]
歯の健康は月に1度のハブラシ交換から page1 page2

more lesson
第4回
幼児期(3〜6才)のオーラルケア講座

第5回
学童期(6〜12才)のオーラルケア講座

第6回
思春期〜大人のオーラルケア講座
back number
one point
3.3.3 ブラッシングのすすめ
ムシ歯予防のために、1日3回、食後3分以内、3分間のブラッシングを心がけましょう。
homeへ戻る
 Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ