ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
   
目指せ8020!オーラルケア講座
  8020
第3回
北欧VS欧米VS日本のオーラル事情
page1 page2
 


 
 



 
日欧米の歯科医との関わりやセルフケアの違い

なぜ違うの?比べてみよう!欧米VS日本のオーラル事情 先進国の日本。でもお口の事情はというと…。12歳児一人当たりのDMFT指数(う蝕(ムシ歯)罹患経験歯数)は1999年の日本では2.4本。※1 2001年の世界平均では1.74本で世界平均よりも多いのです。※2 また、1992年の先進国アメリカでは1.28本、※3 約10年前と比べても日本の方が一人当たりのムシ歯本数は多いのです。
なぜそのような違いがあるのでしょう?理由の一つとしてアメリカでは日本に比べ医療費が高いため、普段から病気にかかる前に自分で予防(セルフケア)をしようという意識が高いこと、また定期的に歯医者さんに行きフッ素塗布や健診を受け、ムシ歯予防する人が日本人より多いということがあります。次は歯の残存本数についてスウェーデンと比較してみましょう。
「8020運動」という言葉を聞いたことがありますか?これは80歳で20本以上の歯を残そうという運動です。オーラルケアの先進国スウェーデンでは既にこの目標が達成されています。では…日本は?というと1999年、80歳での歯の残存本数の平均は8.21本。※1 日本が8020運動を達成するには2030〜2040年までかかると言われています。実はスウェーデンでは、子どもの頃からの歯医者さんでの歯科健診やブラッシング指導によるムシ歯予防が盛んなのです。つまり、欧米では定期的歯科健診やセルフケアへの意識が高いのです。

※1「平成11年歯科疾患実態調査」 ※2「WHO(世界保健機構)調査」 ※3「第三回米国全国健康・栄養調査(NHANES III)」

 
まめ知識

歯のイラスト歯の平均寿命

歯の中の数字は歯の平均寿命を表しています。前から6番目の歯が5〜6才で一番最初に生える※永久歯(6才臼歯)で、上の歯は63才、下の歯は58歳まで残ると言われています。こんなにも長く使う歯だから大切にケアしましょう!

※人により生える順番が異なることもあります。
※親知らずは含まれておりません。
[厚生労働省:平成11年歯科疾患実態調査を元に改変]


やじるし次のページへ]
北欧VS欧米VS日本のオーラル事情 page1 page2

more lesson
第4回
幼児期(3〜6才)のオーラルケア講座

第5回
学童期(6〜12才)のオーラルケア講座

第6回
思春期〜大人のオーラルケア講座
back number
homeへ戻る
  Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ