ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
herlthy recipe of a mouth お口の健康レシピ
歯の形成期に欠かせないカルシウムの吸収を高める「ビタミンDたっぷりメニュー」  
キノコはビタミンDたっぷり
ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨や歯の形成期には欠かせないビタミンです。ビタミンDは、腸内でカルシウムの吸収を促進しています。
また、カルシウムがたりないときは骨からカルシウムをとかし、カルシウムが多い時はカルシウムを蓄えるという、「体内のカルシウムバランス」の調節役でもあります。
牛肉と白きクラゲの柳川風 和風メイン
クッキング時間:20分
材料(4人分):

白きくらげ 10g
牛肉 160g
ゴボウ 160g    
白葱 160g  
白菜キムチ 100g
卵 3個
青葱 適量

[調味液]
だし汁 3カップ  砂糖 大さじ2
醤油 大さじ3  酒 大さじ2
オイスターソース 大さじ3
作り方
STEP1 白きくらげは水で戻し、根元の硬い部分を取り除く。
STEP2 牛肉は細切り、ゴボウはささがき、白葱はななめ切り、青葱は小口切りにしておく。
STEP3 土鍋に調味液を煮立て、・キムチを加えて煮る。
STEP4 溶き卵をにまわしかけ、半熟状になったら青葱を散らし、火を止めて、1分程蒸らす。
牛肉と白きクラゲの柳川風 柳川風のワンポイント
家族にあわせて:白きくらげのレシピあれこれ
recipe forこども → 白きくらげ入りフルーツポンチ
水で戻し、熱湯をまわしかけた白きくらげとフルーツミックス缶を混ぜるだけの簡単デザート。カラフルな色合いも楽しい。
recipe forおとな → 白きくらげと刺身蒟蒻の酢味噌和え
刺身蒟蒻と水で戻し、熱湯をまわしかけた白きくらげを酢味噌で和えた前菜。さっぱりとした味が、前菜にぴったりです。
recipe forおとしより → 白きくらげの中華風スープ
水で戻し、熱湯をまわしかけた白きくらげ・干しえび・干し貝柱・干し椎茸・葱・生姜を土鍋で煮、調味料で味を調える。冬にぴったりの栄養スープです。
監修:管理栄養士 山口律奈 協力:slowdiet.com

more recipe
レシピ11 ビタミンEでハグキの血行をよく!アボカドアイス

レシピ12 良質なたんぱく質で、お口も体も健康に!豆乳豚汁

レシピ13 きのこの繊維で、お口も体もすっきり!マーボーきのこ
back number

カルシウムと一緒にとりたいマグネシウムたち
刻み昆布・納豆・バナナ
●刻み昆布
●納豆
●バナナ


マグネシウムはカルシウムと協力し合い、さまざまな働きをします。どちらか一方が不足したり、多すぎたりするとバランスがくずれてしまうのです。最近は、サプリメントや乳製品で、カルシウムばかりを多くとっているケースが目立ちます。マグネシウムの多い食品も積極的にとりましょう!
homeへ戻る
  Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ