ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
オーラル豆辞典 知っててヨカッタ!
その3 歯が抜けてしまったら牛乳につける
 転んで顔を打ったり、ボールが顔にあたって歯が抜けてしまった! なんてことになったら、びっくりしてしまいますよね。
 まずはあわてないで、抜けた歯を探しましょう。幸運にも歯が見つかったら、次は、歯に付いた汚れを簡単に流します。
 すぐに牛乳が手に入るなら、牛乳で洗い流しましょう。牛乳がない場合は、水道水で洗います。でも、水道水で洗うのはごく短い時間(短ければ短いだけよい)にしましょう。水道水に長時間歯を漬けると歯根膜が死んでしまうからです。
 抜けた歯は自分で元の位置(穴)に戻すのが一番良いのですが、それができなかったら、牛乳のなかか、口のなかに入れて保存します。こうすれば、歯根膜を数時間生かしておくことが可能になります。口のなかに入れるときは、飲み込んでしまわないように、抜けた歯を唇とハグキのあいだに入れておくとよいでしょう。そして、歯医者さんに急ぎましょう。
前へ 次へ

more lesson
その15
歯の夢

その16
熊野古道にある歯のお地蔵さん

その17
お歯黒はムシ歯の予防にも効果的だった?
back number
one point
+1豆知識
歯根膜は、歯の根っこと歯をささえる骨の間にある薄い膜で、歯と骨をつなぐ役割をする重要な組織です。歯が抜けても、歯根膜が生きていれば、再生し、骨と正常な形でくっつきます。歯根膜が死んでしまった歯を元に戻すと、歯は吸収され骨に置き換えられてしまいます。
homeへ戻る
  Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ