ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
オーラル豆辞典 知っててヨカッタ!
その4 お釈迦さまハブラシ考案者?!
 ハブラシのはじまりは、紀元前3000年ごろ古代エジプトで使われていた「チュースティック」と、紀元前500年にお釈迦さまが弟子たちに広めた「歯木(しぼく)」だといわれています。仏教の経典によると、「歯木」で口のなかを清めることが礼拝の前の儀式だと書かれていることから、歯木は、歯をみがく習慣のはじまりともいえます。
 「チュースティック」も「歯木」も、木の枝の一端を歯で噛んでクシャクシャにしたものです。当時の人たちは、そのやわらかい先端部分で歯をみがきました。
 日本には、6世紀ごろ、仏教とともに歯木が伝わり、まず僧侶の間で歯をみがく習慣がはじまりました。平安時代には貴族、武士の間にも広まり、庶民の間にも普及したのは、江戸時代になってからです。
 江戸時代に庶民の間でハブラシとして使われていたのは、柳の木で作られた「房楊枝」でした。房楊枝は、片方は「つま楊枝」のように先端がとがっていますが、もう一方の先端は、やわらかい房状になっています。その房で、歯をみがいたのです。
 房楊枝は、大正時代の終わりごろまで売られていましたが、西洋ハブラシが広まるとともに、姿を消していきました。日本で現在のようなハブラシが一般に使われるようになったのは、明治時代に入ってからです。
前へ 次へ

more lesson
その15
歯の夢

その16
熊野古道にある歯のお地蔵さん

その17
お歯黒はムシ歯の予防にも効果的だった?
back number
one point
+1豆知識
歯木は、現在でも多くの国で使われています。インドでは、ニームなどの木、パキスタンではピールウ、サウジアラビアではサルバドラいうように、さまざまな木が使われています。これらの木は、いずれも薬木で、樹液のなかには、歯の健康に効果のあるタンニンやフッ素が含まれています。
homeへ戻る
  Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ