ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
オーラル豆辞典 知っててヨカッタ!
その10 大阪はハブラシ生産高日本一
 国内で1年間に生産されるハブラシの量は、約4億5千万本(2004年度/全日本ブラシ工業協同組合調べ)です。日本の総人口は約1億2700万人ですから、これでいくと一人が年間に使用するハブラシは、3〜4本ということになります。理想とするハブラシの交換時期は1ヵ月が目安ですから、やや少なめ?でしょうか。
 ハブラシが日本で作られるようになったのは、明治期以降です。1872(明治5)年、大阪で、インドから輸入されたイギリス製のハブラシを見本に、くじらのひげで柄を作り、馬の毛を植えた「鯨楊枝」という名で製造・販売されたのがはじまりといわれています。
 その後、大阪に日本最初のブラシ会社が誕生。以後、大阪はハブラシを含むブラシ製造の中心地となりました。いまでも国産ハブラシの50%以上は、大阪で作られ、なかでも八尾市には、全国のハブラシ製造工場の約40%が集中しています。もともと、八尾市のある河内地方は、農家の副業として大阪のブラシ工業から副業としてハブラシの生産を受注していました。おたがいが手を結び合い、八尾市はハブラシの大生産地となったわけです。


写真:ハブラシ型モニュメント近鉄八尾駅前の
「生産高日本一」を期した
ハブラシ型のモニュメント
前へ 次へ

more lesson
その15
歯の夢

その16
熊野古道にある歯のお地蔵さん

その17
お歯黒はムシ歯の予防にも効果的だった?
back number
one point
+1豆知識
日本で「ハブラシ」という言葉がはじめて使われたのは、1890(明治23)年の第3回内国勧業博覧会。そのとき「歯刷子(ハブラシ)」の名前で出品されたのが、「ハブラシ」という言葉が使われたはじまりといわれています。
homeへ戻る
  Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ