ハブラシ haburashi homeへ戻る サイトマップ   SUNSTAR みつけようMYハブラシ
オーラル豆辞典 知っててヨカッタ!
その14 かっこいい? ムシ歯菌の本名
 ムシ歯は、細菌のつくる酸に歯の表面が溶かされて起こるといわれています。ムシ歯の原因となる細菌のなかでも、ムシ歯菌としてもっとも有名なのは、ミュータンス菌。正式にはStreptococcus-mutans(ストレプトコッカス ミュータンス)という偉そうな名前です。でも、名前が偉そうなわりには、このミュータンス菌、砂糖が大好き。砂糖を取り込み、のりのようなネバネバを作り出して、歯にこびりついてくるのです。
 もうひとつ、注目されているムシ歯菌が、乳酸桿菌。正式にはLactobacillus(ラクトバチルス)菌とよばれています。この菌自体は、歯にくっつくということはないのですが、すでにムシ歯があったり、歯と詰め物の間に隙間があったりすると、そこに居着いてしまうのです。
 ムシ歯菌は悪者のようにあつかわれますが、ミュータンス菌もラクトバチルス菌も、それ自体だけでムシ歯になるわけではありません。きちんとお口のケアをしていれば、彼らも悪玉にならなくてすむわけです。
前へ 次へ

more lesson
その15
歯の夢

その16
熊野古道にある歯のお地蔵さん

その17
お歯黒はムシ歯の予防にも効果的だった?
back number
one point
+1豆知識
歯周病菌の代表は、ジンジ-バリス菌(Porphyromonas gingivalis)という名前です。こんな強そうな名前を持っていると知ると、オーラルケアもしっかりやらなくてはと思いますね。
homeへ戻る
  Copyright(c)Sunstar Inc. All rights reserved. 個人情報保護ポリシー| このサイトについて| お問い合わせ| サンスターホームページ